Jakob Bro

デンマーク

Words by JazzProbe

ジャズ・ギタリスト/作曲家。
1978年デンマーク・オーフス生まれ。

デンマーク王立音楽院、バークリー音楽大学、NYニュー・スクールで学ぶ。影響を受けたアーティストとして、レスター・ヤング、ルイ・アームストロング、デューク・エリントン、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンク、A.C.ジョビン、J.S.バッハ、ニール・ヤング、そしてポール・モチアンを挙げている。父の影響で6歳の時にトランペットを始めたのが最初の音楽体験だった。その後、12歳の頃に友人の影響でジミ・ヘンドリクスのレコードを聴いてから、ギターに興味を持ち演奏を始めるようになった。

故ポール・モチアンのエレクトリック・ビバップ・バンドで多くの経験を積み、ポーランドの重鎮トマシュ・スタンコ・ダークアイズ・クインテットのメンバーなどで世界的に注目される。他に、リー・コニッツ、ビル・フリーゼル、ポール・ブレイ、ケニー・ウィーラ―、ベン・ストリート、マーク・ターナー、トーマス・モーガン、ヨン・クリステンセン、クレステン・オズグッドなどの欧米と北欧のミュージシャンから成るトリオを率いたアルバムを含め、リーダーとして13枚をリリース、サイドメンとして14枚のアルバムに参加している。

Jakob Bro

また、受賞歴として栄誉ある“デンマーク・ミュージック・アワード”を現在まで6度受賞。デンマークの数々のジャズ賞のほか、2013年度の米『ダウンビート』誌の「新人賞」ではベスト10入りを果たしている。2013年、デンマークのエレクトロニカ系プロデューサー、トーマス・ナックと組んだ『BRO/KNAK』、および2016年にECMの初リーダー作『GEFION』がデンマークの権威ある年間ジャズ作曲家賞に輝いている。

現在は、ジョーイ・バロン(ds)、トーマス・モーガン(b)と組み、ECMの2枚目『Streams』をリリースして精力的に活動中。来日公演としては、2016年9月の東京ジャズ(ソロ)、2017年3月にトリオでコットンクラブ出演等、2017年5月にデンマークと日本の国交樹立記念イベント「オポジット2017」でソロ公演を行い、好評を博した。2018年にはECM より2枚の新作のリリースが予定されている。— jazzProbe

ディスコグラフィ

Streams (2016)
Hymnotic/Salmodisk (2015)
Gefion (2015)
December Song (2013)
Bro/Knak (2012)
Time (2011)
Balladeering (2009)
Who Said Gay Paree (2008)
White Rainbow (2008)
The Stars are All New Songs (Vol1 2008)
Pearl River (2007)
Sidetracked (2005)
Daydreamer (2003)


Jakob Bro

Returnings
ECM Recordings 2018
INFO


jakob bro rainbows

Bay Of Rainbows
ECM Records 2018
INFO


Jakob Bro

Streams
ECM Recordings 2016
INFO