フィンランド ヘルシンキ

北欧ジャズを牽引するヘルシンキ。日中、アートやデザインなどを見るなどして、街歩きを堪能した後はナイト・アクティビティとして、ジャズクラブめぐりはいかが?

ヘルシンキ    会場、ショップ、ラベル

会場

Koko Jazz Club

2010年にオープンした国内外の著名なアーティストが多数出演するヘルシンキを代表するクラブ。2018年、レーベルを立ち上げライブレコーディングを開始。

情報
ショップ

Digelius

1971年創業のフィンランドを代表する最も有名なレコードストアのひとつ。レコード店が立ち並ぶ五叉路のシンボルで、ジャズファンの聖地でもある。

情報

おすすめイベント

2019.9.14 Timo Lassy & Teppo Mäkynen Duo

フィンランド : ヘルシンキ Koko Jazz Club

2000年代に北欧ジャズの旗手、ザ・ファイブ・コーナーズ・クインテットのメンバーとして活躍し、現在はそれぞれのプロジェクトで共に多忙を極めるティモ・ラッシーとテッポ・マキュネンのデュオが誕生。約2年半より活動を開始し、2017年暮れには第一弾の7インチ・レコードをリリース。そして今年6月にフィンランドWE JAZZレコードより待望のデビューアルバムをリリース。10年以上共演してきた彼らのセンセーショナルなライブが体感できることでしょう。

Timo Lassy – sax, Teppo Mäkynen – drums

ウェブサイト

2019.7.29 20th Jazz-Espa

フィンランド : ヘルシンキ 市内数ヵ所

毎年恒例、ヘルシンキ中心部のエスプラナーディ公演内の野外ステージで行われる無料イベント。今年は20以上のコンサートが開催され、前日の7月28日には20周年記念のオープニングとして、ソルナイネン・エリアの遊歩道にあるボートの船上で行われるスヴィラハティ・ジャズフェスティバル(無料)と連携して行われます。これまでと同様に、フェスティバルでは実験的なスタイルと伝統的なサウンドが楽しめ、地元の人々はもちろん、観光客にも人気があります。

出演は、スヴィラハティ・ジャズでは、Chico Matada Quartet、Three Days Of Forest、スーパーポジション!ほか。エスプラナーディでは、オッリ・アハヴェンラハティ・ニュー・カルテット、ヤルモ・サーリ・リパブリック、サミ・サーリ、マルッティ・ヴェサラ・サウンドポスト・クインテット、カレヴィ・ロウヒヴゥオリ・クインテット、イルッカ・アローラ・サウンド・タジン、トミ・ニック5tet、アウロラ・ヘントゥネン・カルテット、マックス・ゼンガ-・グロ-ブス、MINE、ヨーナス・トゥーリ・カルテットほか。

ウェブサイト

2019.7.10 We Jazz X Lonna 2019

フィンランド : ヘルシンキ 市内数ヵ所

フィンランド、We Jazzが企画するヘルシンキ、ロンナ島での夏のライブシリーズ。ライブは一周おきに開催され、アフターパーティはディレクターであるマッティ・ニヴェス率いるWe Jazz DJチームがイベントを締めくくります。ライブは2セットで、ギグは無料。ロンナ島まではヘルシンキのマーケット広場から運行するJTラインズのフェリーに乗って約10分でアクセスできます。近くには世界遺産のスオメンリンナ要塞も見える風光明媚な場所です。

7.10 アンティ・ロジョネン・イースト、We Jazz DJs
7.17 カツ・カイク、We Jazz DJs
7.24 ユッカ・ペルコ & ストンピー・ストンパーズ、We Jazz DJs
7.31 オアーガーダ、We Jazz DJs

ウェブサイト