Oslo Jazz Festival 2022

1986年の創設以来、ヨーロッパで最も重要なジャズ・フェスティバルのひとつに成長した『オスロ・ジャズフェスティバル』。今年のフェスティバルのプログラムには、アメリカやヨーロッパの国際的な著名人が参加しており、オスロ・コンサートホールで行われるパット・メセニーによるオープニングコンサートをはじめ、アンソニー・ブラクストンやミンガス・ダイナスティ、新進気鋭のブランディー・ヤンガーやエマ=ジャン・サックレイ、クレイグ・テイボーン(ソロ)、オスロジャズアンサンブル&マリアシュナイダー、ラケシア・ベンジャミン、ジェイソン・モラン(ソロ)、ハーミッド・ドレイク ほか。ノルウェーを含む北欧からは受賞歴のあるアイヴィンド・オールシェット、ムンク美術館のホールでは1960年代にルーツを持つシリーズ「Jazz at MUNCH」と連動してファーマーズ・マーケットのスティアン・カールステンセンが出演、伝説的ヴォーカリスト、ラドカ・トネフの名盤『フェアリーテイル』の40周年を記念して、人気グループFiehのソフィー・トレフスボルが解釈したコンサートは記憶に残るものとなるでしょう。さらに、 エスペン・バルグ:Water Fabric、Y-Otis、A Tonic for the Troops、ボボ・ステンソン(ソロ)、シーリル・マルメダール・ハウゲほかが出演。会場は移転ニューオープンしたムンク美術館のホール、ミスター・ニルセンやヴィクトリア・ナショナル・ジャズシーンなどのジャズクラブ等で行われ、また映画上映やアーティスト・トーク、伝統的なジャズの歴史の街歩きからなるサイドプログラムを開催される予定です。

Oslo Jazz Festival 2022

ホームページ

OFFICIAL WEBSITE