We Jazz 2017

2013年にフィンランドの首都ヘルシンキで始まったイベントWe Jazzは、これまでその年の最も優れたジャズを紹介してきました。ヘルシンキ市内に点在する会場では国内および海外のアーティストにより一週間にわたって数々のコンサートが行われています。We Jazzのプロデューサーは、常に演奏するための新しい場所を探す努力をしており、多くの会場は年ごとに違います。アーティストと会場の組み合わせを決める時は、オーディエンスが音楽をより肌で感じてもらうため、最良の状況を作り上げることを最も重視しています。これがWe Jazzの会場の多くが非常に小さい理由です。

We Jazzが伝えたいこと、それは音楽は時として近くで体験した時にこそ最高であり、量より質なのだということ。どのコンサートも厳選され、より大きな一枚の絵の1ピースとなるように考え抜かれたものです。We jazzはよくフェスティヴァルだとか、また毎年開催されるヘルシンキ最大のジャズイベントだとか呼ばれていますが、We Jazzがまさにそうであるかということに否定はしません。ごく初期から「インスタレーション」と「ユートピア」という言葉を使って、イベントが表現されることもありました。これらの言葉の力を借りてイベントの本質を捉えることができ、“ジャズフェスティバル”という従来の考え方から徐々に解放された思考へ向かうことができるのです。最高の音楽を紹介することはもちろん、We jazzの目指すところはジャズの表現方法を進化させること。

このイベントはあまり他のイベントが行われない12月に開催されます。このタイミングのイベントとなれば、クリスマス・ショッピングの最中のほっと一息だったり、暗い冬のちょっとした癒しであったりしますが、それと同時に年に一回その年のジャズを振り返る良い機会でもあります。充実の2017年も沢山の話題のアーティスト達がリリース作品を引っ提げて、その名を連ねています。We Jazzは音楽の今を切り取ったものというだけでなく、ジャンルも時代をも超えたコレクションなのです。 — jazzProbe

We Jazz 2017

ホームページ

OFFICIAL WEBSITE